毛髪の表面には、“キューティクル”と呼ばれるうろこ状の保護層があります。よくキューティクルが整った健康毛の人には天使の輪が!なんて言ったりしますが、キューティクルは温度や湿度に応じて、開いたり閉じたりしながら水分の調節をし、環境(太陽光線・風・大気汚染他・・様々)から毛髪を保護します。キューティクルの整っていないダメージヘアーは、水分を保持することができなくなるだけではなく毛髪内部のタンパク質も流出し、もろく、コシが無く艶のい髪になります。

 頭に生えている毛髪のキューティクルは、頭皮から毛先まで自然に同じ方向を向いています。そのためにクシでとかしてもそれぞれ隣り合った髪は絡まずとかしやすいのです。もし、キューティクルが同じ方向に向いていない場合はどのようなことが起るでしょう?毛髪同士が絡みつきキューティクルが剥がれ落ちてしまい、もつれてダメージを与えてしまいます。
 濡れた髪の毛をクシでとかすと、キューティクルのあるナチュラルヘアーは、およそ10%伸びます。
「グレートレングス」は生きたキューティクルがそのまま残っているのが最大の特長です。また、根元から毛先までキューティクルをすべて同じ方向に向けて揃えてあります。だから装着しても地毛と絡まずダメージを与えることがありません。
Copyright © 2011 Great Lengths Japan All rights reserved