「グレートレングス」の素材となるインド産の毛髪はケミカル処理されていない、バージンヘアーです。インドの女性は、どの地方の方でもほとんどケミカル(化学薬品)トリートメントをする為にサロンに行きません。しかし、グレートレングス以外のエクステンションは、様々な国のケミカル処理されたブラッシングヘアーを集めた物を素材として使用しています。これには、長さや太さの異なる毛髪が含まれています。そして、この毛髪はとても安い値段で流通しています。
さらにこうして集められたグレートレングス以外の毛髪はキューティクルの方向がそれぞれ違うため、強力な酸に漬け込むプロセスによって、その後の髪のもつれを防ぐようにキューティクルを取り除かなければなりません。
 アジア(中国・韓国・インドネシア)のヘアー関連企業は、このタイプの毛髪の購入、またヘアーをこのような酸性プロセスを行うことを専門にしている企業が多く存在します。
また、毛髪が混ざり合い固まっていたり、いくつかの部分がオイリーであったり、汚れていたりするため、全てのキューティクルを完全に取り除くことは困難な作業です。
 そこで、この酸で処理され、科学的にダメージを受けた毛髪を再び健康的に見せる為に、人工的にツヤを与え、また、酸の中に漬けても取り除かれなかったキューティクルをカバーする為に、今度はシリコンの液体の中に漬けられます。
 毛髪が売買される市場では、重量によって販売価格が決められる為、キューティクルをそいだ、スカスカの毛髪に「シリコン」によって市場価格を上げる“重み”を加えているのが実情です。
Copyright © 2011 Great Lengths Japan All rights reserved